果てし無く続く抗がん剤治療

果てし無く続く抗がん剤治療

今日は祖父の病院に付き添いました。今日から3日間の抗がん剤治療で入院です。
もう8ヶ月前からこの治療は続いています。
こちらからがん治療 免疫について知ることが出来ます。
祖父が膵臓癌末期と診断されたのは去年の初秋のことでした。背中の痛みを感じて診察を受けたら、、、もう手術は出来ないと言われました。それから抗がん剤が始まるまでの間、祖父は身の回りの整理を始めました。
お探しの免疫治療 がん療法についてはこちらです。
いらないものを捨てる姿に、家族は励ましの言葉も言えませんでした。
抗がん剤は強いものを使うので、副作用があると思うと医師から言われ、どんなに辛いんだろうと恐怖に怯える毎日でした。が、幸いなことに祖父の副作用は軽く済みました。
免疫治療 病院をお探しならこちらです。
それでも、味覚の変化、食事の量は少なくなり、手のしびれもあり、力も、体力も無くなりました。冬場は風邪が怖く、引きこもりがちになり、足の筋肉はどんどんなくなっていきました。
気になる方は免疫治療 NK細胞←をクリック!
一番辛いなと思うのは、この治療が果てし無く続くことです。終わりがない治療は、気力を保つことが難しいです。できれば今まだ元気がある状態をなので、この状態を長く続けるためにも、体力と免疫力アップをはかりたいと思ってます。
話題の免疫細胞 最先端情報についてはこちら!
食事の改善は難しいので、身体を温めて、気持ちを明るく、笑う回数を増やしてあげたいと思う私です。